CVP分析

ここまで固定費のことを扱ってきました。固定費は製品を作っても作らなくても、売っても売らなくても発生する費用です。よって作れるなら作れるだけ、売れるならたくさん売ったほうが、いいに決まっています。

固定費が¥1,000,000だとして、製品1つを売ったときに利益が¥10,000とします。製品を1個売っただけでは1,000,000-10,000で¥990,000の赤字です。この1,000,000の固定費を回収するためには100個を売らなくてはなりません。101個目からようやく全体で黒字になります。

このような計算は今後の製品販売戦略などで分析材料の1つになります。売っても儲かる見込みのない製品を売るわけにいきません。

この固定費をちょうど回収できたときを損益分岐点といいます。
このとき損益計算書では営業利益が0になります。

試験ではこの損益分岐点がらみでよく出題されます。
例:製品Aの販売単価は¥1,200で、変動原価@¥600 変動販売費@¥200 固定原価¥850,000 固定販売費¥100,000であるときの損益分岐点売上高と販売数量を求めよ。

解答:
損益分岐点販売数量をxとします。
1,200x-(600+200)x-(850,000+100,000)=0
400x=950,000
x=2,375
売上高は2,850,000

または1,200-600-200=400が貢献利益だから、貢献利益が固定費950,000を回収する数量 と考えてもいいです。

この単元ではいろいろな用語が出てきます。
まず売上高営業利益率。これは売上高に対して営業利益がどのくらいなのかを%で表すものです。例えば売上高1,000,000の営業利益が20,000だったら2%となるわけです。

次は安全余裕率
売上高が損益分岐点売上高よりどれだけ離れているかを%で表すものです。損益分岐点から離れているということは儲かることを意味します。
(予想売上高-損益分岐点売上高)/予想売上高
で計算します。
予想売上高が2,000,000で損益分岐点売上高が1,600,000だったら25%になります。

ではまとめで例題を解きましょう。
例:
製品Zの単位原価(変動費):材料費¥550 労務費¥750 製造間接費¥900 販売費¥200
固定費:製造間接費¥2,50,000 販売費¥1,000,000

予想販売数量 5,000個
販売単価¥3,200

このとき損益分岐点売上高ならびに販売数量、営業利益¥2,000,000を達成する販売数、売上高営業利益率25%の販売数、そして安全余裕率を求めなさい。

解答:
損益分岐点売上高¥14,000,000
損益分岐点販売数 4,375個
営業利益¥2,000,000の販売数 6,875個
営業利益率30%の販売数 6,250個
安全余裕率 12.5%

営業利益¥2,000,000を達成する販売数
3,200-2,400(変動費)=800(貢献利益)
800x-3,500,000(固定費)=2,000,000(営業利益)
x=6,875

営業利益率30%
800x-3,500,000=800x×0.3
560x=3,500,000
x=6,250

安全余裕率
予想売上高16,000,000-分岐点売上高14,000,000=2,000,000
2,000,000/16,000,000=0.125

公式としていろいろ書いてある参考書もありますが、安全余裕率以外は公式として覚える必要はありません。Xを使った式を立てられれば問題ありません。