貸倒引当金

第3問でよく聞かれるのが、貸倒引当金の計算です。

貸倒引当金は自分が持っている売掛金や受取手形がポシャった時のために保険として取っておくお金のことです。

引当金(退職給付引当金や修繕引当金も含みます)を計上するときは費用と把握しますが実際の現金の出入りはありませんので注意を。
あくまで万が一のときのために、このお金は引当金ですよというラベルを貼っておくというようなものです。

例:売掛金と受取手形の期末残高の3%を貸倒引当金として差額補充法により計上する。
期末残高 売掛金¥300,000 受取手形¥220,000 貸倒引当金¥10,000

まず売掛金と受取手形の合計に3%を掛けます。
(300,000+220,000)×0.03=15,600
になります。
しかしこれが答えではありません。差額補充法という言葉に注目です。

貸倒引当金の処理方法は2つあります。差額補充法と洗替法です。
差額補充法は当期の引当金と前期残高を比べて、足りない分だけ差額を補充するやり方です。
一方の洗替法は前期の分はチャラにして、新しく当期計算した額を計上する方法です。

上の例ですと
差額補充法の仕訳は

(借) 貸倒引当金繰入 5,600 |(貸) 貸倒引当金 5,600

洗替法

(借) 貸倒引当金 10,000 |(貸) 貸倒引当金戻入 10,000
貸倒引当金繰入 15,600 貸倒引当金 15,600

洗替法にのみ「戻入」という勘定科目を使います。これは差額補充法と洗替法の仕組みを見ればわかります。差額補充法はまだ残っている引当金に対し足りない分を補うだけですので、足りない費用を「繰入」れ、洗替法は残っていた引当金はとりあえずチャラにして収益として「戻入」れ、新たに必要な引当金を費用として「繰入」れるのです。

貸倒引当金の問題で注意すべきことは
決算整理時に判明した事項に売掛金や受取手形の帳簿額を変更するような事柄がないかチェックすることです。
このような事項は大概問題文の最初のほうに書かれていますので、第3問を解くときは決算整理事項を出題順に見ていき、仕訳をメモすることが重要です。はじめから引当金の計算をすると数があわなくなることがあるので要注意。