繰越利益剰余金

法改正により以前の未処分利益、未処理損失勘定はなくなり、繰越利益剰余金勘定の貸借で利益、損失を表します。

当期純利益が¥1,000,000発生したときは
(借)損益 1,000,000|(貸)繰越利益剰余金 1,000,000
という仕訳をします。
逆に損失が出たときは
(借)繰越利益剰余金 1,000,000|(貸)損益 1,000,000
です。

「繰越利益剰余金」(利益)が増えたら、貸方に書きます。貸借対照表にも貸方(純資産の部)にあります。利益が出たら貸方と覚えておきましょう。また繰越利益剰余金勘定の記入でも「利益が出たら貸方」と覚えていれば、借方に繰越利益剰余金を減らした項目、貸方に増やした項目を書くことが出来ます。

それを踏まえて。

繰越利益剰余金¥1,500,000を配当金¥1,000,000、任意積立金¥500,000
にまわす場合。

(借) 繰越利益剰余金 1,500,000 |(貸) 未払配当金 1,000,000
任意積立金 500,000

となります。
「繰越利益剰余金」というラベルをはがして(減らして)、「未払配当金」などに張り替えるのです。貸借どちらか混乱するときは、貸借対照表や残高試算表を見ましょう。「繰越利益剰余金」「未払配当金」「任意積立金」どれも貸方にあります。
ちなみのこの時点では配当や賞与を払うことを決めただけですので、「未払」となります。実際払うときは
(借)未払配当金 1,000,000|(貸)当座預金など 1,000,000
となります。