約束手形

今回からは少しややこしい手形の処理に触れます。

まず約束手形の取引。ここで注目するのは誰が「振り出した」かです。

例1:B社から商品¥300,000を仕入れ、代金は約束手形を振り出して処理した。
例2:C社に商品¥400,000を売上げ、代金としてC社振り出しの約束手形を受け取った。

約束手形取引の場合、振り出した側は「支払手形」が増えます。
これを覚えておきましょう。そうすると

例1は振り出したのは自社ですから、自社の「支払手形」が増えます。
例2は振り出したのはC社です。ですから、こちら側の仕訳には「支払手形」は出てきません。他社が振り出した手形を受け取ったのですから、「受取手形」が増えます。
あくまで「支払手形」が増えるのは「振り出した」側です。

答1:(借)仕入 300,000|(貸)支払手形 300,000
答2:(借)受取手形 400,000|(貸)売上 400,000

解き方のコツは、
まず手形以外の取引の事実を仕訳に書くことです。

例1だと¥300,000仕入れたという事実。これで仕訳の借方に仕入 300,000となるのは確定です。あとは貸方の勘定科目を何にするかです。こういう風に解くと、最悪貸借の数値は合いますので大問3など総合問題で出たときに連鎖的に間違えるということは少なくなります。