簿記の基本(2)

前回の簿記の基本1の続きです。

仕訳が重要なのはわかった→でも例えば「買掛金」という勘定科目を右(貸方)と左(借方)のどっちに書けばいいかわからない。ということにぶつかると思います。

無数にある勘定科目一つ一つをどっちに書けばいいか一瞬で覚える方法はわかりませんが、私が実践した方法のひとつは「貸借対照表を見る」ということです。

上場企業のホームページには財務諸表を見ることができますが、その中に貸借対照表が載っています。それを見るもよし、過去問題集に出てくる貸借対照表を見るもよし、それを見ると例えば「買掛金」は必ず右側(貸方)に書いてあります。

貸借対照表はいわゆる1年間の残高がどれくらいあるかを書いたものですので、「買掛金」 が右側に残っているということは、期中取引で「買掛金」が増えるときには「買掛金」は右側に書くということが言えると思います。
これをそれぞれの勘定科目に当てはめることができます。

例1:商品を仕入れ、代金の¥25,000は掛けにした。
例2:貸倒引当金として¥15,000を繰り入れた。
例3:売掛金¥5,000が回収不能となったので、引当金を取り崩した。

答1:仕入 25,000|買掛金 25,000
答2:貸倒引当金繰入 15,000|貸倒引当金 15,000
答3:貸倒引当金 5,000|売掛金 5,000

「買掛金」は貸借対照表では右にあり、商品を仕入れて買掛金(ツケのようなものです)が増えるので答1のようになります。
答2は引当金に繰り入れる(引当金を増やす)ので答2のようになます。逆に引当金を取り崩す(減らす)ときには答3のように「貸倒引当金」を左に書きます。答2,3を合算すると貸方(右側)に貸倒引当金 10,000となり、答3により答2の貸倒引当金の残高が減少したことがわかります。

ちなみに上の例題で出てきた「仕入」「貸倒引当金繰入」は貸借対照表には出てきませんが、これらの勘定科目は損益計算書に出てきます。損益計算書は売上から諸々の費用を引いて1年間の利益がいくら出たのかを書いた表です。この表に出てくる勘定科目は「費用ならば発生時には借方、収益ならば発生時に貸方に書く」と覚えれば大丈夫です。

「費用を増やすためには現金を払わなくてはならない」「収益が出れば現金が増える」というイメージでもいいかもしれません。現金は貸借対照表では借方にあるので、それを利用しましょう。

いろいろ仕訳のことを書いてきましたが、仕訳は
1. ある取引の問題を見て、正しい勘定科目を選ぶ
2. 貸借を正しく書く
の2点につきます。

勘定科目はたくさんあり、全て覚えるのではないかと心配されるかもしれませんが大丈夫です。問題を解いていくうちに使用される勘定科目はだいたい限られてきますし、さらに慣れてくるとはじめて出会う勘定科目も感覚的に貸借がわかるようになります。

ですので、まずは問題を解いていきましょう!!