現金不一致の計算

会社の帳簿と銀行の預金残高との間に違いがあった場合、その差を調整する必要があります。
試験問題では、銀行勘定調整表を作成させる問題が単独で出題される場合と大問3の中で決算前の修正仕訳として計算させる場合があります。

どちらの問題に対しても、覚えておくことはひとつです。

それは会社側の帳簿を修正させる必要のない取引の事例を覚えるということです。

この修正仕訳不要の事例は
1.時間外預入
2.未取付小切手
3.未取立小切手
の三つです。

この三つの事例は問題によって表現が若干違うことがあるので、問題を解いて見てどのような表現をするのかを確認しましょう。特に事例2は「未呈示であった」という表現がされることがあります。

三つの事例に言えることは会社側はすでに適切な処理をしており、会社側には問題はないということです。

1の例では会社側はすでにお金を預けたという事実があるので、あとは銀行側が処理を待つのみです。しかしそこでまた仕訳をしてしまうと二重に記帳をしてしまうことになります。
未取付小切手の事例も会社側はすでに買掛金などの支払いのために小切手を振り出しています。あとは相手先の呈示(銀行に小切手を持っていく)のを待つのみです。
未取立小切手の場合は会社はすでに小切手を銀行に持っていきました(呈示した)。あとは銀行の処理を待つのみです。

このように考えると、問題を見て未取付などの事例に当てはまるかがわかりやすくなると思います。いずれにせよ、問題に多くあたってみて、様々な表現に触れてみましょう。

ここまで修正不要の事例に触れてきました。これ以外は全て修正仕訳をする必要があります。ですが、修正仕訳を必要とする事例でも注意すべき点はあります。

まず未渡小切手の場合。小切手を振り出した用件が営業費や広告費という費用であったときは要注意です。

例:広告費支払いのために振り出した小切手¥25,000が未渡しであった。

普通に修正仕訳をすれば
(借)当座預金 25,000|(貸)広告費 25,000
とし、払った分の額を取り消す仕訳となります。
しかしこれは間違いです。

広告費として払ったはずなのに、払ってなかった
→代金は未払いの状態 と考え
(借)当座預金 25,000|(貸)未払金 25,000  が正解です。

なぜこのような仕訳になるのか。順を追って見ていきましょう。
修正前にすでになされていた仕訳
(借)広告費 25,000|(貸)当座預金 25,000 ・・・1を
正しい仕訳
(借)広告費 25,000|(貸)未払金 25,000 ・・・2に変更したいのですから
1と逆の仕訳をして1(間違っていた仕訳)を消します。その後で2の正しい仕訳をします。
(借)当座預金 25,000|(貸)広告費 25,000
(借)広告費 25,000|(貸)未払金 25,000

(借)当座預金 25,000|(貸)未払金 25,000

これが修正仕訳です。
このプロセスは誤記入の修正仕訳でも必要ですので、マスターしてください。

なお、買掛金の支払いのために振り出した小切手が未渡しの場合は未払いとする必要はありません。普通に修正仕訳をします。
(借)当座預金 25,000|(貸)買掛金 25,000  が答えです。