為替手形(1)

為替手形は複雑です。

A社がB社から掛で商品を買ったとします。このときA社はB社に直接代金を払うのではなく、C社から受け取ってくださいという手形をB社に出します。C社はB社にA社の代金を払う代わりに過去のA社との取引で発生した買掛金を代金分減らしてもらいます。

このように為替手形は三者が関わる取引です。自社側がどういう位置づけなのかを問題から読み取りましょう

仕組みなどよりもここではテクニカルな問題の解き方を紹介します。
また仕訳などを見ながら、理解を深めていってください。

例:当社はB社から商品¥300,000を仕入れ、代金としてC社宛て、B社受け取りの為替手形を振り出した。

まず約束手形の回でも書きましたように、手形以外の取引事実から仕訳をします。
(借)仕入 300,000|(貸)? 300,000

為替手形の問題でチェックするポイント。①誰宛か ②誰が受け取りか ③誰が振り出したか。の三つです。

自分が受け取りの場合→「受取手形」の増加
自分宛ての場合→「支払手形」の増加
(約束手形の時は「受取手形」の増加なので注意)
自分のところが振り出した場合→手形以外の取引事実で費用が発生したのであれば売掛金。収益だったら買掛金と覚えます。

※①②③の会社がそれぞれバラバラの場合。①②③がバラバラでない時は為替手形(2)を参照

普通は掛で仕入れた場合、仕入 XXX|買掛金 XXX となり
費用(仕入)を債務(買掛金)で支払います。
しかしこの場合は費用(仕入)を債権を減らすこと(売掛金の減少)でまかなうのです。

ようするにすでにある自分の「売掛金」「買掛金」という債権債務をその取引の代金に充てるということです。
よって(借)仕入 300,000|(貸)売掛金 300,000 ・・・Ⅰとなります。

あとはB、C社側の仕訳は簡単です。
B社側は商品を売って、為替手形を受け取ったのですから
(借)受取手形 300,000|(貸)売上 300,000 ・・・Ⅱ

C社側はC社宛の為替手形が振り出され、当社がC社に対する「売掛金」を減らしたので
(借)買掛金 300,000|(貸)支払手形 300,000 ・・・Ⅲ となります。

Ⅰの売掛金の減少に対して、それに対応するC社の買掛金の減少Ⅲがわかります。