未着品販売

未着品販売は例えばA社から仕入れて、その商品がこちらに到着する前にB社に転売する取引です。
よって当社とB社間では実際の物の受け渡しはなく、運送業者から商品を引き取る権利(貨物代表証券)を売買します。

例:1.商品¥100,000を掛で仕入れ、貨物引換証を受け取った。
2.貨物引換証を¥150,000で売り渡し、代金は掛とした。

1: (借) 未着品 100,000 |(貸) 買掛金 100,000
2: (借) 売掛金 150,000 |(貸) 未着品売上 150,000
仕入 100,000 |(貸) 未着品 100,000

となります。もうおわかりでと思いますが、手元商品区分法です。
この他に分記法というやり方もありますが、余裕のある方は覚えて置いてください。
分記法では「未着品販売益」という勘定科目を使います。
1.は手元商品区分法と同じ仕訳です。
2.で

(借) 売掛金 150,000 |(貸) 未着品 100,000
未着品販売益 50,000

とします。「売上」勘定を使わないところに特徴があります。まぁ頻度は極めて低いと思いますので、忘れてもいいです(笑)

重要なのが、荷為替の処理です。