委託・受託販売(2)

委託販売でもうひとつ論点があります。荷為替です。
荷為替とは代金を早くほしいときに、商品発送時の貨物代用証券を担保にして手形を発行します。まずは例題から。

例:商品¥280,000の積送時に¥200,000の荷為替をA銀行と取り組み、手数料¥2,000を差し引いた額が当座預金に振り込まれた。

まずは積送時の仕訳
(借)積送品 280,000|(貸)仕入 280,000

次に自己受為替手形の発行 自己受→受取手形の増加でした
(借)受取手形 200,000|(貸)前受金 200,000

そして手形の割引きです。
(借)当座預金 198,000|(貸)受取手形 200,000
   手形売却損 2,000

これらを合算させたものが答えです。
(借) 積送品 280,000 |(貸) 仕入 280,000
  当座預金 198,000   前受金 200,000
  手形売却損 2,000

「前受金」はのちに売上を計上するときに借方にて相殺させます。その分だけ売掛金は減るのです。一方、受託者は「支払手形」が増え、その分は銀行に支払います。

手形の割引きのするのですが、荷為替はその性質上(ここでは詳しく触れませんが)不渡りになることが少ないため対照勘定法や評価勘定法の偶発債務の処理をすることはありません。また保証債務も試験でそのような処理を求めることはありません。

ここらへんで深く考えるとわけ分からなくなりますので、仕訳をとりあえず覚えておけば問題ありません。試験での問題文もある程度パターン化されていますので。