割賦販売(1)

いわゆる分割払いのことです。分割払いで販売した場合、商品を先に渡して代金は後から少しずつ回収するという取引になります。
この場合、販売側はいつ「売上」として計上するかが問題となります。

2級では売上計上の時期により「販売基準」「回収基準」の二通りがあります。
二つとも文字通りで、「販売基準」は販売時(商品を渡したとき)に、「回収基準」は代金を回収したときに計上します。

まず販売基準から見てみましょう。
販売基準は普通の商品売買と同じ要領で仕訳をします。「割賦売掛金」「割賦売上」という勘定科目がありますが、普通の「売掛金」「売上」としてもかまいません。

例:原価¥200,000の商品を¥300,000で販売した。代金は五回の分割払いである。販売基準で仕訳しなさい。

(借)割賦売掛金 300,000|(貸)割賦売上 300,000

簡単ですね。代金の回収時も普通の売買と同じようにします。

次は回収基準です。
回収基準には二つの会計処理法があります。「対照勘定法」と「未実現利益控除法」です。ちょっとややこしくなってきました。
この二つの方法は「回収基準」の場合に使います。「販売基準」には関係ありません。

回収基準の対照勘定法では借方と貸方で一対のペアとなる勘定科目を使います。その科目には借方では「割賦売掛金」「割賦販売契約」など、貸方では「割賦仮売上」や「割賦販売」などどちらも複数種類あります。この科目内であれば、どの組み合わせを使ってもかまいません。例えば、「割賦売掛金」と「割賦仮売上」、「割賦販売契約」「割賦仮売上」など。

問題では「割賦売掛金」と「割賦仮売上」の組み合わせが多いので、ここでもそれに従います。勉強するときもこの組み合わせで覚えておいて問題ないでしょう。

まず契約時に上の対照勘定のペアを使います。そして現金を回収したときに「割賦仮売上」を消し、「割賦売上」を計上します。
また代金を回収したものについて売上原価に含めます。ですので、まだ回収していない部分は原価に含めません。

例:回収基準(対照勘定法)で仕訳をしなさい。
1. 原価¥200,000の商品を¥300,000で五回の分割払いで販売した。
2. かねて販売した割賦商品の第一回の支払いをうけ、¥60,000を現金で受け取った。
3. 決算。なお第三回までの代金はすでに振り込まれている。期首手許商品はない。

1: (借) 割賦売掛金 300,000 |(貸) 割賦仮売上 300,000
2: (借) 割賦仮売上 60,000 |(貸) 割賦売上 60,000
現金 60,000 割賦売掛金 60,000
3: (借) 繰越商品 80,000 |(貸) 仕入 80,000

3.は仕入¥200,000を5回に分けて、1回の支払い部分の原価を¥40,000と考えます。まだ2回分の支払いが残っているのだから、2回分の原価¥80,000を仕入から繰越商品に移します。