修繕引当金

これも前頁の退職給付引当金と同様です。
勘定科目が引当金の仕訳では勘定科目(特に借方に発生する費用の科目名)がそれぞれ微妙に違っているので注意です。

計上時は
(借)修繕引当金繰入 XXX|(貸)修繕引当金 XXX

取崩時
例:建物の修繕につき、¥10,000,000を現金で支払った。なお修繕引当金¥8,000,000を取り崩す。

(借) 修繕引当金 8,000,000 |(貸) 現金 10,000,000
修繕費 2,000,000

修繕費では重要なポイントがあります。
それは修繕費が資本的支出に当たる場合です。
例えば建物の修繕で建物自体の耐用年数などが延びたり、改良したりして新たに付加価値がついた場合はそれを資本的支出とみなします。その場合「修繕費」として費用を発生させるのではなく、「建物」として資産を増やします。ちなみに普通の修繕を収益的支出といいます。

例:建物の修繕として¥10,000,000を現金で支払った。なおそのうちの¥2,500,000は資本的支出とみなされた。修繕引当金残高は¥5,000,000である。

(借) 修繕引当金 5,000,000 |(貸) 現金 10,000,000
修繕費 2,500,000
建物 2,500,000